• Sales: 0987 989898
  • Sites:

Font Size

Profile

Layout

Direction

Menu Style

Cpanel

設計依頼.com

有限会社高橋建築研究所 高橋 寛さんのプロフィール


建築家  高橋 寛のプロフィール


takahashihiroshi00  登録日 : 2009/3/4  更新日2009/5/22
 事務所名 : 有限会社 高橋建築研究所
 登録者 : 高橋 寛

設計事務所名 有限会社 高橋建築研究所 名  前 高橋 寛
TEL/FAX 03-5694-3866/03-5694-3866 登録番号 一級建築士登録番号 215171
ご 住 所 〒133-0052 東京都江戸川区東小岩1-3-16-101
ホームページ http://www.tarch.jp
メールアドレス email: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
プロフィール  1961年 岩手県北上市生まれ
 1979年 岩手県立黒沢尻北高校卒業
 1984年 明治大学工学部建築学科卒業
 1986年 明治大学工学研究科建築学専攻 工学修士
 1986年 株式会社堀池秀人・都市建築研究所 入社
 1989年 一級建築士免許取得
 1994年 株式会社堀池秀人・都市建築研究所 退職
 1998年 有限会社高橋建築研究所設立 現在に至る
メッセージ  2000年に3dCADをいち早く導入し、その多角的利用を研究・実践しております。

 その最新の3Dcadを利用したBIM設計の手法は、住宅からビル設計のイノヴェーションと
 考えています。これにより次の3つが可能です。
 ①コストダウン
 3D設計ではじめて可能となる詳細な見積設計を設計事務所作成することで、
 原価公開方式(オープンブック方式)を採用できるようになり、コストダウンが可能です。
 ②CG・アニメーションのプレゼン
 多くのCGやアニメーションの作成が可能となり、
 できてみて予想とは異なることはありません。
 ③高度な総合的設計
 図面の食い違いのない高度な設計が可能です。欠陥住宅・欠陥建築の
 予防にもっとも有効です。

 上の手法を下に、顧客のそれぞれのニーズ・考え方を取り入れた、住宅・建築を設計します。
 設計料は一般的設計料と変わりません。ご気軽にご相談ください。
住まいづくり
の考え方
 私の育った家も、父が知り合いの設計士さんに頼んだ住宅でした。
 20坪ほどの小さな家出したが、中廊下型で、茶の間には出窓の大きなコーナーウイン
 ドウがありました。続く広間・寝室は、広く一体となり、南側は全面窓で、大きなテラスが
 あり、庭といったい的なつくりとなっていました。
 庭は、母の趣味の家庭菜園であり、柿・栗・ぶどうが植えられていました。
 窓を開け放し、寝転んで、眺める庭の風景。風邪を引いて一人で寝ていると、静かな明
 るい部屋で、柱時計のコチコチ進む音が、心地よくもさびしく鳴っていました。
 
 そんな、光景を今でも、思い出します。
 大学に入り、設計を学ぶと、日本住宅らしさを模索したモダンリビング初期の設計です。
 友達の家に行って自分の家と比べるとどこかモダンで、少し誇りに思っていたかもしれ
 ません。今の住宅を見ていていても、設計者が入ってよく考えれれた住宅と、大工さん
 が適当に間取りを考えた住宅、ハウスメーカーの住宅とは、どこか違うのです。大工さ
 んがいくら材料を吟味しても、ハウスメーカーがいくら設備性能を重視しようと、物足りな
 さを感じます。やはり、設計者・建築家が、よく考えた住宅は違います。専門的にいえば、
 空間の質が違うのです。それこそが、生活を豊かにするものでしょう。

 設計者は、なぜ、そのような空間の質を、生み出すことができるかといえば、広い知識
 の中から、オーナー(施主・顧客)に最も適したものを、提案できるからです。大工さんで
 あれば、決められた構法・伝統的間取りという既成概念の中から発想します。
 ハウスメーカーであれば、メーカー独自の構法とパターンにはめ込まれた間取りの中だ
 けで発想されます。
 一方、設計者は、さまざまな構法の中から、風土・敷地環境・オーナー(施主・顧客)を
 整理し、さまざまな考えをめぐらし創ります。
 時には、オーナー(施主・顧客)と一緒に考え、何が本当に、求められているかを考える
 こともあるでしょう。そのような、設計者によるプロセスを経て、住宅という生活空間が生
 み出されると考えています。

  さらに、私の場合は、3次元設計という新手法を取り入れ、コストダウンを図りながら、
 生活を豊かにする住宅、エコロジカルな住宅をつくりことができればと考えています。
 
 100年住宅は、構造性能・設備性能だけでは十分ではありません。設計者のよく考え
 れた空間・間取りがあって、はじめて長く存在するのではないでしょうか。住宅が、オー
 ナー(施主・顧客)にとって豊かな生活を作り出す、子供の健やかな成長に潜在的に貢
 献する。そんな、住宅だできればと思います。
備 考 欄  

設計対象 注文住宅
プライス
設計料
(諸条件により異なります)
最低ライン
(諸条件により異なります)
今までの
実 績
構 造 木造・RC・鉄骨造
仕 様
エリア
備 考
趣 味  
受 賞  
メディア掲載  

takahashi 1 takahashi 2 takahashi 4
 
takahashi 3 takahashi 5 takahashi 6

ページTOPに戻る

現在地: Home 住まいづくりの登記 登録建築家 江戸川区 有限会社高橋建築研究所 高橋 寛さんのプロフィール